立川・国分寺・吉祥寺・広島のFP相談・保険見直し・ライフプラン|ファイナンシャルトレーナー
toggle navigation
Actual Results実績・実例

55

男性

住宅ローン残高1500万程度ですが老後に備えて住み替えを考えております。

相談背景

住宅ローンを二重で組むことが可能か、物件価格の範囲を事前に把握しておきたいとの事で相談

相談内容

年齢や資金的に住宅ローン、団信加入等総合的に考えて今後のライフプランを考えたい。

森逸行(もり としゆき)

FPコメント

ライフプランニングのご説明をさせていただき、今まで一度もライフプランニングを受けたことがないとの事でライフプランニング診断を受けていただきました。
LP診断の項目の住宅ローン返済計画表を作成し住み替えの参考にしていただきました。

【住宅ローン残高1500万程度ですが老後に備えて住み替え検討】
新築でマンションを購入したのが約10年ほどになるため、このタイミングで売却した時に当時の購入金額と同額程度で売却できる事を想定し住み替えの物件価格を算出しました。

【年齢や資金的に住宅ローンを考えたい】】
年齢は55歳という年齢もあり、住宅ローンの返済年齢80歳までの住宅ローンになる事をご案内し物件価格と返済年齢を割り出しました。

【団信加入等総合的に考えたい)】
団体信用生命保険は、死亡したら住宅ローンが『0』になる事は、知っていたものの、三大疾病や八大疾病の際にも住宅ローンが『0』になる特約はご存じなかったので、特約の保障範囲やメリットをご説明いたしました。

関連記事

TOPへ