立川・国分寺・吉祥寺・広島のFP相談・保険見直し・ライフプラン|ファイナンシャルトレーナー
toggle navigation
COLUMN DETAILコラム詳細
2022.11.30

生命保険は若くて健康な時に検討すると”メリットが多い”理由

カテゴリー名
著者情報 森 逸行 FP歴14年 経験した事を伝え解決に導く『金融パーソナルトレーナー』

生命保険-検討するタイミング
社会人になると「生命保険」を検討する機会も増えるのではないでしょうか。しかし、生命保険は種類も多く、加入するきっかけを見つけるのもなかなか大変なことです。

しかし生命保険に加入するのであれば、若いうちからの加入がおすすめ。

その理由などを、この記事で詳しく解説していきたいと思います。

いま保険への加入を検討している人や、20代でまだ生命保険に加入していない人はぜひ参考にしてみてください。

 

健康なうちに生命保険を検討したほうが良い理由

生命保険は若いうちに加入を検討した方が良いです。

その理由は下記のとおりです。

  • 保険料が安い傾向にある
  • 保険に加入しやすくなる
  • 年齢とともに不健康リスクが向上する

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

保険料が安い傾向にある

生命保険の保険料は、年齢によって変化します。 年齢が高くなるにつれて病気や死亡のリスクが高くなるため、比例して保険料も高くなるのです。

保険料は「契約日」と「契約年齢」 によって判定基準が決まり、これは保険会社によって異なるため、しっかりと確認する必要があります。

保険に加入しやすくなる

加入できる生命保険というのは、その人の健康状態などによって大きく左右されます。 

基本的には、年齢も若く健康な家の方が多くの保険商品から自分に合ったものを選ぶことができます。生命保険などの保険は、加入する際に自身の健康状態を告知する義務があるため、 告知する時の状況によっては加入できる保険に制限がでる場合があることに注意しましょう。

そのため、生命保険の加入は健康なうちに検討しておくのがおすすめです。

年齢とともに不健康リスクが向上する

いくら健康的な生活を送っていたとしても、年齢とともに健康リスクは高くなってしまうものです。

一度病気になってしまうと、再発する可能性や病気による死亡リスクも高くなり、保険加入時に健康な状態であることを前提とした保険に加入できない可能性も出てくるでしょう。

保険会社も、病気リスクが高い人にすべての保険を紹介できる訳ではありません。

既往歴がある人でも加入できる保険商品はあるものの、保険料が高く設定されていたり保険金が支払われる条件が厳しかったりするため、選択肢が狭くなってしまうことがデメリットです。

長期的に保険と付き合うことになるため、自分に合った保険商品を選択できることがベストだと言えるでしょう。

 

生命保険の加入を検討するおすすめのタイミング

生命保険は若いうちからの加入がおすすめですが、加入するきっかけは掴みづらいものです。そこで、保険に加入するきっかけとなるタイミングをまとめました。

下記のようにライフスタイルが変化したタイミングがおすすめなので、参考にしてみてください。

  • 就職
  • 結婚
  • 妊娠・出産

 

就職

就職したタイミングは、保険の加入を見直すのに適しています。特に学生から社会人として独り立ちしたタイミングだと、今まで親が支払いをしていた保険料を自分で支払うことになります。

社会に出て独り立ちした大人として、保険料を自分で払うことはとても大事なことでしょう。

就職したばかりで保険料を支払うことは大きな出費となるかもしれないですが、自分のライフスタイルに合わせた保険を、保険会社の担当者と相談してみることをおすすめします。

 

結婚

結婚をすると、万が一の時は配偶者の生活にも支障をきたしてしまう可能性があります。結婚生活は自分だけでなく相手の人生にも影響があるため、しっかりと相手のことも考える必要があるのです。

また、ケガに対応した医療保険だけでなく、もしもの時の死亡保険への加入も検討しておくと安心できるでしょう。

 

妊娠・出産

妊娠や出産のタイミングは、保険への加入を見直す際に注意すべきことがあります。

妊娠が判明した後だと加入できる保険が限られる可能性があるため、女性の場合、子どもを持つ予定があるのであれば妊娠前から加入しておくことがおすすめです。

また、子どもが生まれると教育費のことも念頭に置く必要があるでしょう。

子どもを私立の学校へ入学させたいという場合は、公立の学校よりも多く予算が必要になります。

また、子どもがいる整体は死亡保障の金額を高めに設定しているケースが多いです。もしもの時でも子どもへの影響が出ないように、手厚い保障内容で保険を組むと安心できるでしょう。

 

生命保険を見直す際の注意点

ライフスタイルの変化によって保険を見直すことは大切ですが、注意すべきこともあります。

注意点を考慮しないまま生命保険への加入を検討してしまうと、損をしてしまうこともあるため注意しましょう。

保険は気軽に切り替えることができます。

とはいえ、気軽に見直しできるからこそ失敗しないための知識を身につけておくことが大切です。

この機会に、生命保険を見直す際の注意点について覚えておきましょう。

既往歴などがあると加入できる保険の選択肢が狭まる

先述したとおり、生命保険への加入は、既往歴などがあると加入できる保険の選択肢が狭くなってしまいます。

以前、生命保険に加入していた時は健康だった場合でも、保険を見直す時に既往歴などがあると希望する保険に加入できない可能性があります。

いくら希望する保険があったとしても、保険会社から加入を断られたら意味がないのです。

保険を見直す際には、自身の健康を考慮した上で検討することが大切です。

加入の基準が緩い「引受基準緩和型」の保険であれば加入しやすいかもしれないですが、保険料が割高であるため加入はしっかりと判断した上で行いましょう。

 

保険料と保険期間を考慮する

保険の見直しは、「保険料」と「保険期間」を考慮した上で行うことが大切です。

一般的に、生命保険の特徴として同じ保障内容であれば保険期間が長いほど保険料は高くなります。

見直したい保険の「保険料」と「保険期間」をしっかりと把握して検討してみると良いでしょう。

お得な保険に見えても、予定通りに契約継続できなければ損をしてしまう可能性もあります。無理なく保険料の支払いをすることが、とても重要です。

 

自分に必要な保障内容を入れる

保険内容は、保険会社によって強みとする内容が異なります。

いま加入している保険の内容が自分に合った保障かどうかは、保険を見直す際に必要なことです。

もし無駄な内容が組み込まれているのであれば、その分無駄な保険料を支払っているということになります。

自分のライフスタイルにあった保険商品を提供している保険会社をしっかりと選び、加入を見直すことが大切と言えるでしょう。

 

保険の切り替え時には「無保障」の期間を作らない

生命保険の切り替え時に最も注意すべきことが、「無保険」の期間を作らないことです。

保管の見直しをする際には、前に加入していた保険から新規の保険へ切り替える必要があります。

新規の保険に加入できる可能性は、先述したように健康状態から100%であるとは限りません。

新しい保険へ加入できたことをきちんと確認してから、今まで加入していた保険を解約することが重要です。

がん保険の場合は、保障に90日間の免責期間があるなど、加入から一定期間は保障が制限される場合もあります。

制限がなくなるまで保障がしっかりと適用されるようにしておくことや、保険が適用されない「無保障」の期間を作らないことがとても大切なことです。

 

まとめ

生命保険への加入は、若いうちに検討すると良いでしょう。

理由をまとめると下記の通りです。

  • 保険料が安い傾向にある
  • 保険に加入しやすくなる
  • 年齢とともに健康リスクが向上する

加入時の健康状態によって希望する保険に加入できるかどうか大きく変わるため、若くて健康なうちに加入できるのがベスト。

まだ保険に加入していない人や、これから加入を検討している人、そして社会人として独立したばかりの人は、ぜひこの機会に生命保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

TOPへ