立川・国分寺・吉祥寺・広島のFP相談・保険見直し・ライフプラン|ファイナンシャルトレーナー
toggle navigation
COLUMN DETAILコラム詳細
2023.12.13

精神安定剤・精神疾患でも生命保険や医療保険に加入できる!告知の項目は?入れる?入れない?について解説しています。

カテゴリー名
著者情報 森 逸行 FP歴14年 経験した事を伝え解決に導く『金融パーソナルトレーナー』

精神疾患と生命保険

日々の商品研究の結果から、精神疾患でも加入できる保険があります。今すぐ気軽にメールからお問合せください。◀︎リンク

本記事では、精神疾患と生命保険加入の関係について解説しています。 

精神疾患の診断や治療歴は保険加入の重要な判断基準で、特に過去5年以内の入院や手術の既往歴が加入可否に大きく影響します。

治療の種類や病状に応じて、保険料の増額や保障内容の削減・不担保など制限が生じることもあります。 

最適な保険選びには、無料相談サービスの活用や個人の状況に応じたライフプランを把握し自分に適した保険の選択が重要です。

 この記事を参考にして、生命保険加入の判断材料にしていただけますと幸いです。 

精神安定剤を使用していると生命保険加入は困難?

生命保険への加入には、いくつか条件があることはご存知でしょうか。場合によっては、新規加入が困難になることもあるかもしれません。 

何かしらの健康上の理由があり、精神安定剤を服用している人もいるかもしれません。とはいえ、精神安定剤の使用と生命保険にはどのような関係があるのか、具体的にわからない人も多いはずです。 

この章で、詳しく解説します。 

精神疾患と生命保険の加入条件

生命保険加入時、精神疾患の診断や治療歴は重要な判断基準となります。 

精神安定剤の使用歴がある場合、保険会社は加入条件を厳しく判断することがあります。 

また、告知義務により、過去5年以内の病歴や治療、入院情報が必要になります。 

精神安定剤治療と生命保険の関係

精神安定剤を使用している場合の生命保険の加入は、治療の種類や期間、病状の安定度によって異なります。 

保険料の増額や保障内容の制限が生じることもありますが、病状が安定していれば加入できる可能性もあります。 

加入の際に考慮すべき治療歴と診断

生命保険に加入する際、精神疾患の治療歴や診断は告知義務の一部です。 

保険会社は、これらの情報を基にリスク評価を行い、保険引受の判断を下します。 

そのため、治療の期間や種類、病状の安定度などが、保険の可能性や条件に影響を与える重要な要素です。 

このような情報を明確に伝え、適切な保険プランを選択することが、不安の緩和につながります。 

日々の商品研究の結果から、精神疾患でも加入できる保険があります。今すぐ気軽にメールからお問合せください。◀︎リンク

精神疾患の治療と生命保険保障

精神疾患の診断を受けている場合、告知が必須となるなど条件が厳しくなることは前述したとおりです。

 保障内容が充実している方が、精神疾患の治療に大きく役立つでしょう。 

精神疾患の治療と生命保険の保障に関して、この章で深掘りしていきます。 

精神安定剤服用による保険料の影響

精神疾患の治療に伴い精神安定剤を使用している場合、生命保険の加入条件が影響を受けることがあります。 

一般の生命保険は、詳細な治療内容の告知が必要で、過去5年以内の治療歴や入院、手術が加入可否の決定要因となります。 

引受基準緩和型生命保険は、告知項目が少なく加入基準も緩和されており、持病や傷病歴がある方でも加入しやすいとされています。

精神疾患治療中の保険加入:必要な告知と期間

精神疾患の治療を受けている場合、特定疾病不担保の特別条件が付加されることがあり、これにより保険料の削減や特定疾病の不担保などの条件が適用される可能性があります。 

このため、保険会社の基準に基づいて適切な保険プランを選択することが重要です。

また、精神疾患による長期入院や治療のリスクを考慮し、保障内容や保険料を比較して選ぶことが勧められます。 

精神疾患者が知るべき生命保険の告知と加入条件

現在、精神疾患に罹患している場合、生命保険の加入には注意が必要です。 

加入には通常とは異なる条件などがあるため、どのような対応が必要となるのか、この機会に覚えておきましょう。 

告知の必要性とその期間

生命保険に加入する際、精神疾患の治療歴や診断に関する告知が必要です。 

多くの保険会社では、過去5年以内の治療歴、入院、手術に関する情報が加入判断の基準となります。 

この告知は、保険料の設定や保障内容の決定に影響を及ぼすため、正確な情報の提供が重要です。 

保険会社の加入判断基準

保険会社は、精神疾患の種類、治療の期間、病状の安定度などを評価し、加入の可否を判断します。 

入院歴や治療の必要性がある場合、保険料の増額や保障内容の制限が適用されることもあります。

加入を検討する際は、病状の緩和や不安の軽減につながるプランを選ぶことが勧められます。 

精神疾患に対応する生命保険の種類と特徴

精神疾患に対応する生命保険について、もう少し具体的に解説していきます。 

まずは対応する保険について、どのような内容があるのか理解するだけでも、今後大きく役立つでしょう。 

引受基準緩和型

具体的には上記の2つです。 

それぞれ、詳しくご紹介します。

日々の商品研究の結果から、精神疾患でも加入できる保険があります。今すぐ気軽にメールからお問合せください。◀︎リンク

引受基準緩和型保険の特徴

精神疾患に対応する生命保険には、引受基準緩和型と限定告知型の保険があります。

難病などの持病がある方や、過去に大病を経験した方でも加入しやすいのが、引受基準緩和型保険です。

限定告知型保険とも呼ばれるこの保険は、一般的に次のような特徴があります。

告知項目が3~6項目程度で既往症も保障対象になる。

契約から1年以内は、受け取れる給付金や保険金が1/2など削減され保険料は、通常の保険より割増される傾向が多い。

※保険会社によって条件は異なります。

引受基準緩和型保険の告知項目

引受基準緩和型保険は、多くの保険会社で取扱っています。

告知項目は保険会社や保険商品によって異なりますが、次のような内容が代表的です。

現在、入院中ではありませんか?

過去の一定期間内に、医師から入院・手術・検査などをすすめられていませんか?

過去の一定期間内に、病気やケガで入院や手術をしたことはありませんか?

過去の一定期間内に、所定の病気で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことはありませんか?

※「過去の一定期間」「所定の病気」は保険会社や保険商品によって異なります。

告知の回答がすべて『いいえ』であれば加入できる

告知の回答がすべて『いいえ』であれば加入ができます。

このように告知に該当しなければ、加入できる医療保険や生命保険は存在いたします。

今までにiga腎症や精神疾患で保険に入りたいけど『入れない』『断られた』方や再度入れるなら検討したいという方はお気軽にお問合せください。 

精神疾患の治療と保険料の関係

精神疾患の治療歴は、生命保険の保険料に影響を与えることがあります。 

特に、過去5年以内の入院や手術の有無は、保険料の算定において重要な要素です。 

保険会社はこれらの情報をリスク評価の一環として考慮し、保険料や保障内容に反映させる可能性があります。そのため、保険選びでは、これらの条件を考慮し、最適なプランを選択することが重要です。 

まとめ:精神疾患と生命保険加入の道のり

精神疾患を持つ人々が生命保険に加入する道は、多くの場合、通常の加入プロセスとは異なります。 

加入の際には、過去5年間の治療歴、特に入院や手術の有無が重要な判断基準となり、これらは保険料や保障内容に影響を与える可能性があります。 

生命保険会社は、精神疾患の診断や治療の詳細を告知事項として求めます。 

これらの情報は、保険の引受を決定する際の基準となります。

最適な保険選びには、FPへの相談や保険商品を幅広く扱っている総合保険代理店などを活用して、最適な保険を選んでみることをおすすめします。 

このプロセスを通じて、精神疾患を持つ人々は不安を緩和し、必要な保障を得ることができます。

 

日々の商品研究の結果から、精神疾患でも加入できる保険があります。今すぐ気軽にメールからお問合せください。◀︎リンク

関連記事

TOPへ